京都市交響楽団が2020年度の定期演奏会ラインナップと新体制を発表

サー・サイモン・ラトルが若い頃に首席指揮者として徹底的にアンサンブル能力を鍛え上げて世界的に有名になり、また2018/19シーズンから山田和樹さんが首席客演指揮者に就任したことで日本にとっても身近になった英国のメジャーオ 続きを読む…

ヘッセン放送協会のおかげで正月を有意義に過ごせました・・・YouTubeにあるhr交響楽団のライヴ動画

ドイツにはドイツ公共放送連盟(ARD: Arbeitsgemeinschaft der öffentlich-rechtlichen Rundfunkanstalten der Bundesrepublik Deutsc 続きを読む…

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、ホルスト:組曲『惑星』、ヴァスクス:交響曲第2番・第3番…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、他/[Vn]ヴァディム・グルズマン、ネーメ・ヤルヴィ&エストニア国立 続きを読む…

ショルティとカラヤンと小澤征爾と・・・『ツァラトゥストラはかく語りき』を聴きながら

今度の4月の京響定期は600回というキリ番になってて、広上さんはメインにリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』を据えましたが、前に大友さんが500回定期を指揮した時はアルペンシンフォニーだったん 続きを読む…

「京都市交響楽団定期演奏会 名曲ライブシリーズ3」本日9月20日、公式発売!

京響の自主レーベルのリリース第3弾CDが発売となりました。全国公式リリースは今日なのですが、15日の演奏会の時に会場内で先行販売されてましたし、なによりその前に友の会会員には無料配布されてて、私の手元にもヤマトメール便で 続きを読む…

リヒャルト・シュトラウス:バレエ『ヨゼフ伝説』、他/ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管

今日付でNMLに登録された中でChandos[http://www.chandos.net/]レーベルからもう1枚。ネーメ・ヤルヴィとロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団[http://www.rsno.org. 続きを読む…

サー・ネヴィル・マリナー・ジュビリー・エディション/ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管

次の京響定期まであと1週間となりました。先月下旬の段階で完売御礼という嬉しい状況なわけですが、今回客演で迎える指揮者は1981年生まれのアメリカ人と日本人のハーフで、29歳でアンドリス・ネルソンスの後任として北西ドイツ・ 続きを読む…

京都市交響楽団 第567回定期演奏会(指揮:尾高忠明)

京響友の会会員更新時に座席変更を願い出て、昨シーズン1年間を2階席のステージ真横で聴いていたしとらすさん、今回から3階サイドに移動です。ステージより後ろ側なので指揮者の表情とか見れないのは残念ですが、音響がアンバランスに 続きを読む…

リヒャルト・シュトラウス『英雄の生涯』・・・2枚のライヴ録音盤/ケンペ&シュターツカペレ・ドレスデン、ハイティンク&シカゴ響

明後日に迫った京響定期、後半メインはリヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』です。これはもう今更というか、7年前の4月に京響と大フィルがどっちも定期のメインで採り上げて1ヶ月で2度も生演奏を聴くことになったという、 続きを読む…

伊東和明『An die Musik』さんから学ばせてもらった一例として・・・「二人の若手ドイツ人指揮者によるアルプス交響曲を聴く」

ご自身はシュターツカペレ・ドレスデンのファンと仰る伊東和明さんという方が15年近くにわたって運営されてこられたサイト『An die Musik クラシックCD試聴記』[http://www.kapelle.jp/]が、管 続きを読む…