京都御所と、なのはParty2@勧業祭2009 に行ってきました

京都御所の特別公開、なんで一番混むとわかってて日曜に行く?!
・・・とツッコミ入りそうですが、勧業祭の「なのはParty2」に行く予定がなければ、そもそも御所や岡崎方面に出ることすら考えませんでした。ぶっちゃけ御所の方がついでなわけで(をい)。
勧業祭は11時からでしたが、京都御所は早い時間帯でないと混雑するだろうと思い、朝一で入ることにして、部屋を出たのが8時少し前。そして、入り口になる宜秋門のところに20分前には着いたのですが、すでに200人超は待ってるような状況でした。開門予定は9時だったのですが、大勢の人がすでに並んでいたので、予定を繰り上げて10分ほど前に入れることとなりました。宮内庁にしては気が利いてたかな?(笑)
宮内庁|御即位20年記念京都御所特別公開の実施について
以下、ケータイ画像で申し訳ないのですが・・・
承明門越しに紫宸殿↓こんなに人が少ないのは初めて(苦笑)
091108_1

今回の特別公開では今上陛下が即位の礼と大嘗祭で使われたものが数多く展示されましたが、その中の1つ↓太刀や弓などの威儀物(いぎもの)
091108_2
紫宸殿↓なんで紫宸殿と清涼殿が東京じゃなくて京都にあるのに・・・(以下自粛)。
091108_3
こうして人形で儀式の一部を再現したものもありました↓この画像のは宮内庁のサイトでは
西階進御膳(せいかいよりおものをすすむ):紫宸殿の西廂は,御膳(おもの)宿(やどり)ともいい,節会の時は,ここから采女(うねめ)と呼ばれた女官が紫宸殿の母屋へ御膳を運ぶ。その姿。
と書かれてました。
091108_4
大正天皇・昭和天皇・今上天皇の即位の礼で使用されたのだそうです↓宮内庁の解説では
帽額(もこう):即位式の折,紫宸殿南面の長押上に掛ける幕。
とありました。
091108_5
御池庭↓急に冷え込んだ日があったせいかな、紅く色づいてるのは・・・
091108_6
御即位20年を記念してということで今回は皇后宮常御殿など通常非公開のエリアも公開されました。
まず皇后宮常御殿↓
091108_7
飛香舎(ひぎょうしゃ)↓
091108_8
案内板には
「平安京内裏の様式を伝えている桧皮葺寝殿造りの建物です。女御入内の儀式が執り行われた場所であるが、元来は、女御が日常過ごしていた所で、中庭に植えられた藤にちなんで藤壺とも呼ばれています。」
とありました。ちなみに、『源氏物語』でも藤壺中宮が飛香舎を局としていたとか。もちろん、この当時は御所・・・というか内裏もこの場所にはなかったのですが・・・。
若宮・姫宮御殿(南側から)↓明治天皇も一時期住まわれたことがあったそうです。
091108_9
真中に井戸が写ってますが、今回特別に拡大して公開されたエリアは一般風に言うなら女性と子どもが居住する場所なんでしょうけど、至る所に井戸が目についたのが印象的でした。今でも水が湧き出てくるのか知りませんが・・・。御所の東隣にある梨木神社では“染井の水”という京都でも名水として有名な地下水が湧き出てきますけど、これらの井戸はどうなんでしょうね?地下鉄建設その他の影響で市中では昔からの井戸が涸れた所が多いとかいう話を耳にしたことはありますけど・・・。
さて、全部回って退出場所の清所門を出た時には9時半にもなってなくて。10時から蹴鞠の催しもあったのですが、大勢の人ごみの中で何十分も待つのも嫌だったので、そのまま歩いて岡崎まで行くことにしました。
途中コンビニでジュースを買って鴨川でのんびり休んだりしたのですが、それでも勧業祭のある京都市勧業館“みやこめっせ”に着いたのが10時40分頃でしたでしょうか・・・うわっ、すでにそれらしい人たち(笑)が100人?200人?は並んで待ってました。さすがにこの中に混じる勇気はなかったので、隣の府立図書館で時間をつぶすことに。
せっかく府立図書館に久しぶりに来たので住所変更の手続きとかもして(2年以上利用されてないので登録の確認を・・・と言われて住所を見てみると、まだ以前の住所のままで変更の手続きをしてなかったというオチ)、あれこれ本や雑誌をめくったり本を借りたりして、図書館で1時間は過ごしたでしょうか。それからまたみやこめっせへ。
久しぶりに来たみやこめっせ、場所は3階の第三展示場でした。
Nanopa2_chi

ちなみに、今年の勧業祭に参加していたサークルは以下の通りです。
NpbnなのはParty2
MgbannerMaiden’s Garden 4
Banner乙HiME☆復活祭 Six
Kobn京おん!
Osbn狼と収穫祭2
Yattemicom_ru_parts_bannerいっぺんやってみる?
Partyneverends_bannerパーティーは終わらない
McomibannerMusic Communication +

いつもは呉服関係や伝統工芸など京都の地場産業の催しが多い印象のある施設なのですが、それらと全く無関係なイベントで来るのは京都総文の時以来かも?受付で800円払ってカタログを買って入ってみると、こうした同人のイベントに生まれて初めて来た人間にとっては味わったことのない雰囲気というか・・・。大勢の人で賑わっていたというのもありますが、いろんな意味でとにかく“凄い”の一言です。ホントに好きな人たちが集まってるからなのか、みんなマナーは心得てる様子なのですが、慣れてない人にとっては別の意味で圧倒されまくりですよね(笑)。
写真撮影は登録制?のようで何も撮ってませんが、サークルと一般含めて男性が8・9割?!随分多かったですね。聞こえてくる話し声からは京都以外の人が圧倒的な印象でした。それと、コスプレする人をリアルで見たのも実は初めてでしたし、着ぐるみもちらほら・・・スバルと澪はすぐわかりましたけど・・・。
しとらすのお目当ては「なのはParty2」と「京おん!」だったのですが、なのはPartyだけで会場の半分近くのスペースを占めていたでしょうか?早くもアインハルトを題材に採りあげてたサークルもありましたね(ポスターがあったからたぶんそうですよね?)。とにかく目移りばっかり。ただ、今月はとりわけ金欠状態で財布の紐を締めてる(涙)しとらすとしては気に入りそうだからとホイホイ買うわけにもいかず、買う気も無いのに立ち読みしたらサークルの人に悪いかと思って手に取るのを遠慮してましたけど・・・めくってみたら18禁だったというんじゃ恥ずかしい、というのもありましたし(をいをい)。
全部を一通り見て回ったりして1時間はいたでしょうか。13時頃に会場を出ましたが、その少し前にカタログ完売のアナウンスがありました。ということは、どれだけの人がいたことになるのかしら?何も買わないのも・・・と思って好さげなグッズを探して、結局買ったのが以下の3点↓(写真右は今回のカタログです)
091108_046
小さいの2つはどこで買ったか忘れてしまいましたが、2つとも私が最後のお客さんでした。なんでこういう時だけ運がいいのかしら???
そして、カタログと同じA4大のイラストは澪ちゃんなんですが、お金を払って実物を受け取るまでナース服姿とは知りませんで・・・見本が葉書サイズでパッと見でわかりにくかったんですよね(をい)。山吹めろう(http://hazuki3377.exblog.jp/)さんという方のサークルで買ったのですが、他にもグラスを片手にちょっと大人びた憂ちゃんとかもうきれいな絵が沢山ありました。私の前に並んでた人はみなさん何枚も購入されてたんですよね。気持ちわかります、しとらすも金欠じゃなければ・・・というか、買っても飾るところないんですけど(苦笑)。
というわけで、何事にも全てが圧倒されまくりなお昼のひとときだった、しとらす初の勧業祭だったんですが、来年もみやこめっせで11月14日に行われるそうです。なのはがあるならまた行こうかな?とりあえず行くならある程度は下調べして目星をつけておくのがいいかも・・・と思ったしとらすさんでした。