加藤和彦さんの訃報

なんか・・・こう・・・
清志郎とかさぁ・・・
今年は続きますよね・・・
昼過ぎにニュースで知った時は本当に驚きました。しかも自殺だなんて・・・。世代が近かったり一緒にバンド組んだりしてた方々はとりわけショックが大きいでしょうね。特に北山修さんの胸中は・・・?
しとらすはフォーク・クルセダーズの頃は生まれてませんでしたし、ミカ・バンドの頃もまだうんと小さかったのですが、リアルタイムで接したヒット曲とかには加藤さんが作曲やプロデュースを手がけた作品がたくさんあって、(フォーク・クルセダーズとミカ・バンドだけでも日本のポピュラー音楽史上に大きな足跡を残していますけど、当時をリアルタイムで知らない世代でも)それだけでも偉大なミュージシャンだったと認識させられています。
謹んで御冥福をお祈りいたします m(_ _)m
2009101700000016maipsociview000

「あの素晴しい愛をもう一度」加藤和彦さんが自殺
【朝日新聞 2009年10月17日】

 17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町にあるホテル客室の浴室で、作曲家で音楽プロデューサーの加藤和彦さん(62)=東京都港区六本木1丁目=が首をつった状態で死亡しているのを、駆けつけた軽井沢署員が見つけた。死因は窒息死で、同署は、現場の状況などから自殺とみている。
 加藤さんは16日に1人でホテルを訪れ、1泊の予定でチェックインしていた。同署によると、室内から自殺をほのめかす内容の手紙2通が封筒に入った状態で見つかった。あて名はなく、文字は印字されたものだったという。
 加藤さんは16日、知人の女性と携帯電話で話をした際、自殺をほのめかすような言葉を漏らし、その後に連絡が取れなくなった。女性は心当たりに電話をかけて行方を捜していたところ、17日朝、このホテルに同じ名前の男性が宿泊していることが分かり、ホテルが午前8時半ごろ、「宿泊客の様子を確認してほしい」と警察署に通報。知人の女性と、加藤さんの仕事仲間の男性が、身元を確認したという。
     ◇
 京都府出身。龍谷大在学中の65年に、京都府立医科大生だった北山修(きたやまおさむ)さんらと「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成し、67年の「帰って来たヨッパライ」が280万枚を超える大ヒット。曲を題材にした映画も作られるなど社会現象を巻き起こした。日本レコード大賞特別賞も受賞。
 コミカルな「ヨッパライ」に続き、鳥に思いを託し朝鮮半島の南北分断の悲劇を歌う「イムジン河」をリリースしようとしたが、レコード会社の政治的配慮で発売が見送られた。
 68年にグループ解散。その後も「あの素晴しい愛をもう一度」などがヒットし、72年に結成したロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」の本格的な海外ツアーは、現地で高い評価を得た。最近では、06年に木村カエラさんをボーカルに迎えて同バンドを再結成し、ビールのCMなどで話題を呼んだ。ジ・アルフィーの坂崎幸之助さんとユニット「和幸(かずこう)」も結成し、アルバム制作やコンサートなど、その活動は精力的だった。
 市川猿之助さんのスーパー歌舞伎の音楽や映画音楽も手がけた。吉田拓郎さんや竹内まりやさんら多くの歌手にも曲を提供している。






“加藤和彦さんの訃報” への12件の返信

  1. ピンバック: いい加減社長の日記
  2. ピンバック: 局の独り言。
  3. ピンバック: zara's voice recorder
  4. ピンバック: SCRAMBLE-8
  5. ピンバック: ショコラの日記帳
  6. ピンバック: 王様の耳はロバの耳
  7. ピンバック: RE:SUKI
  8. ピンバック: 物欲煩悩妄想日記

コメントは受け付けていません。